看護師求人カングー.com

05 12月

看護師の総合病院とクリニックの違い

Posted in 看護師 on 05.12.13 by Merlyn

看護師として働く場所は病院やあ介護施設が多いかと思います。中でも最も多くの割合を占めると思われる病院も、クリニックや総合病院など、様々な規模の職場があります。病院の規模が変われば、看護師の仕事も変わってきます。


看護師としてスキルアップするなら総合病院

総合病院ではレントゲン撮影から、MRI、造影剤など様々な検査を行うことができる施設があります。経験を積み、スキルアップを望むのであれば、総合病院を選ぶというナースが多いようです。また総合病院や入院施設も備えた病院であれば、病棟勤務か外来勤務を選ぶことも可能です。また大きな病院だと科によって変わることはあっても、くる人の数や年齢層もバラバラなので、様々な患者さんのケアをおこなう必要があると考えられています。


クリニックで看護師が働くメリット

クリニックは多くの場合、単科といって科が分かれていません。医師が何人もいるわけではないので、その分だけ診察の範囲という意味では狭くなります。ただし研修医や採血技師などがいないことから、採血などは看護師が行う場合が多くなります。また場所にもよりますが、近所に住む人が利用する可能性が高いので、その土地で患者さんの年齢層などが固定されることも多いようです。ドクターの診療介助なども、こまめに行う必要があると考えられているそうです。

No Comments »

03 12月

男性看護師が活躍できる場所

Posted in 看護師 on 03.12.13 by Merlyn

看護師と言われると、女性の職場というイメージが強くあるかと思います。保育士、看護師は過去、保母さんや看護婦さんと呼ばれていたこともあり、女性が働く代表的な場所という認識は今も少なくありません。病院でも男性看護師はまだ少ないと言われていますが、男性が看護を行うメリットや、活躍できる場所はどこなのでしょうか?


年収も安定している職業

平成22年の看護師の年収の平均は467万円と発表されています。通常のサラリーマンは不況のあおりをくらって、年収そのものが下がっているそうですが、看護という職種からか、年収などがあまり景気に左右されない仕事と考えられます。ただし、まだ男性でナースとして病院で働く人は全体の10パーセントにも満たないと言われています。そのような理由から、男性は採用されにくいと考える人もいるそうですが、男性でも求人はあると言われています。


高齢化で肉体的な負担も増えた

病院では、患者さんに負担をかけないため、車いすやベッドごと移動させてレントゲンなどを撮ることがあります。高齢化も進んだことから、自分で歩くことのできない患者さんなども多くなっていると言われています。ナースの肉体的な負担が増えているということです。入院患者の移動はナースが行う病院が多いため、このようなときに男性ナースは歓迎されると言われています。

No Comments »

03 12月

看護師を目指すなら大学と専門学校、どっち?

Posted in 看護師 on 03.12.13 by Merlyn

看護師の資格は過去、病院と提携している専門学校や医療を専門に指導する専門学校で取得することが一般的でした。しかし、現在では看護科やナースの資格を取得することのできる大学が非常に増えてきており、大学を卒業しているナースも増えていると言われています。


大卒が有利になってきている

国家資格なので、資格を取得するには国家試験をクリアしなくてはなりません。同時に卒業をするために必要な論文などの量などから、現在、看護師の資格では大学卒業が有利だと言われています。大学では卒業論文など提出しなくてはいけない論文が専門学校の倍以上になることもなると言われているそうで、総合病院など大きなところでは、専門学校卒の求人を行わないということもあるそうです。初任給の面でも大卒者のほうが高いことも多いため、高校などでも進路では大学を生徒へすすめると言われています。


大卒で看護師になるメリット

初任給など、給与面ではっきりと差別化が行われているのは一部の規模の大きな病院に限られていますが、大学を卒業してナースになるメリットは、給与だけではありません。助産師や保健師など、看護師に関係する資格も同時に取得を目指すことができるからです。また4年間かけて専門知識を学ぶという面で、国家試験までのゆとりがあること、看護に関するあらゆる学習をまんべんなく行えることが非常に大きなメリットと言われているそうです。

No Comments »

03 12月

看護師の医療行為解禁について

Posted in 看護師 on 03.12.13 by Merlyn

現在日本では全国的に医者の不足が嘆かれています。また医師が不足する事で、本来医者さえいれば出来た施設が施せず病院で亡くなられる方というのも年々少しずつ増えてきています。さらに看護師の方でも症状に対して施すべき手術はわかっていたが自分が医者でないばかりに手術が出来なくて悔しかったという事案もフィクションのみならず実際にあるようです。この様な背景から2015年度の実装を目標に現在看護師の医療行為解禁に向けた動きがあるようです。


看護師が許されるようになる行為

この制度により今までは医者によって行なわれていた41の「特定行為」が看護師によって行なえるようになるとされています。ただ実際の施術には予め医者の許可が必要な他、それぞれの特定行為に対応した研修を受けている事が条件となる為、事実上一分野に特化した人材の育成という形になっており今の所期待されていた汎用性や即効性は薄いと考えられています。ただ例えば床ずれによって壊死してしまった患部の切除や抗うつ剤、高カロリー点滴の投与や処方量の調整、気管挿管など高度な技術が必要とされている施行がこの制度によって解禁される為注目されています。


医療行為解禁によって想定される事

医療行為が解禁される事によって一部の医者不足やそれによって患者が息を引き取る事が多少軽減されるのではないかと期待されています。ただそれに伴い看護職の給料はどうなるのか、採用条件はどうなるのか等課題は多く残されています。また命に関わる施行も多く解禁される為、良かれと思ってやった事で看護師の方が責められる事も想定されます。そのような非難からしっかりと看護師を守る事ができるシステムも併せて施行が望まれます。

No Comments »

03 12月

子育てしてても働ける求人選び

Posted in 看護師 on 03.12.13 by Merlyn

現在、看護師を求める職場は多く、各施設では人材を確保するために様々な施策を行っています。それは、働き方の改革であったり働きやすい職場をアピールすることであったりと、無理なく安心して働ける環境づくりが基本となっています。これらの施策は、もちろん働く人にとっては嬉しいことですが、同時にそれだけのことをしてくれる職場に貢献しなければいけません。それでは、具体的にはどのようなことを職員へと提供しているのか見てみましょう。


子育て支援完備の看護のお仕事

看護師として働く人の割合は、年々男性が増えているものの、いまだに圧倒的な過半数を占めるのは女性となっています。しかし、女性は男性と違って育児にかかる時間が多いので、その都度休暇をしなければならないことが多いです。


一人で抱え込まない環境づくりへ

そこで、医療施設が打ち出したのが、パートタイムでも正社員として人材を確保するということです。看護師の仕事上、勤務時間にバラつきが出てしまうので、育児の時には退職をせざるを得なかったような人でも、時間を限定して働けるようになっているので安心です。また、複数の人で同一の仕事を共有するジョブシェアリングという形態をとる動きも活発になってきているので、看護師一人が抱える負担も少なくなってきています。

No Comments »

03 12月

看護師は地方か総合か

Posted in 看護師 on 03.12.13 by Merlyn

看護師の仕事は宿直のような夜勤や緊急要請など激務と言われていますが全ての職場がそういうわけではありません。具体的には総合病院のような近郊型の大型病院であればあるほど仕事は忙しいが給料は高く、逆に郊外型の地方病院であるほど勤務時間は短いが給料は少ないといった状況なのが現状です。


総合病院の看護師

総合病院で働く最大のメリットは前述の通り給料が高い事があげられます。またこれらは立地的にも恵まれている事が多く生活に不便の少ない都会住まいになるケースが多いようです。また大型病院は症状によって窓口が複数に分けられている事が殆どで、科の移動が無い限り覚えるべき点が少なくてよいスペシャリスト型の看護師でいられるというメリットがあります。ただ前述のように勤務時間が安定せず夜勤などがはいる可能性も高い傾向にあります。


地方病院のメリット

一方地方の病院、特に大学病院等ではなく個人が運営しているような病院は営業時間が短く比較的に仕事が楽、定時退社があたりまえといった病院が多い傾向にあります。また地域密着型であり患者の方一人一人と仲良くなる機会がある為そういった人との交流を好む看護師の方には向いています。ただし前述の通り給料はそれほど高い訳ではなく、また様々な症状の患者さんを診なくてはいけない為オールラウンドな知識が必要となります。

No Comments »