看護師求人カングー.com

05 12月

看護師の総合病院とクリニックの違い

Posted in 看護師 on 05.12.13 by Merlyn

看護師として働く場所は病院やあ介護施設が多いかと思います。中でも最も多くの割合を占めると思われる病院も、クリニックや総合病院など、様々な規模の職場があります。病院の規模が変われば、看護師の仕事も変わってきます。


看護師としてスキルアップするなら総合病院

総合病院ではレントゲン撮影から、MRI、造影剤など様々な検査を行うことができる施設があります。経験を積み、スキルアップを望むのであれば、総合病院を選ぶというナースが多いようです。また総合病院や入院施設も備えた病院であれば、病棟勤務か外来勤務を選ぶことも可能です。また大きな病院だと科によって変わることはあっても、くる人の数や年齢層もバラバラなので、様々な患者さんのケアをおこなう必要があると考えられています。


クリニックで看護師が働くメリット

クリニックは多くの場合、単科といって科が分かれていません。医師が何人もいるわけではないので、その分だけ診察の範囲という意味では狭くなります。ただし研修医や採血技師などがいないことから、採血などは看護師が行う場合が多くなります。また場所にもよりますが、近所に住む人が利用する可能性が高いので、その土地で患者さんの年齢層などが固定されることも多いようです。ドクターの診療介助なども、こまめに行う必要があると考えられているそうです。

No Comments »

Comments are closed.