看護師求人カングー.com

24 2月

看護師である自分をコントロール

Posted in 看護師 on 24.02.15 by Merlyn

看護師として働くことを心に留めながらこれまで生活していたとしたら、その意志を持ったまま学校に通って看護師の知恵を得て、これから看護師として患者と向き合う未来を選んだとしたら。
だとしたらその選択に後悔の余地を生まないようにこれからの生活をしっかりとしたものにするべきです。後になって「あそこでああしていれば…」なんてことを思わなくても済むように。あれを選んだのは失敗だった。そんなことを思わなくて良いように。なんであんなことをしたんだろう。なんであのときあれを選んだんだろう。そんな後ろ向きな反省をしなくても済むように。いつも、一つ一つの選択を慎重に。


看護師の未来を掴み取る

看護師としての自分の未来を選んだとして、そこであなたはひとつひとつ何かを選んで毎日をこなしていく必要があります。
時に躓きながら、何かをいつも学ぼうとする前向きな心を持って前に進むのです。そして慣れたころは以前よりその生活に落ち着きが生まれ、何かを判断するときにも感覚で行うことができるので、よくも悪くも直感で行うことができるでしょう。
そしてあなたの生活するために保っていた意志はやがてぼんやりしてきて、毎日を適当にこなすようになるかもしれません。
コピー機で大量複製するかのような毎日。昨日のコピーのコピーのコピー。そんなとき起きてしまうのです。重大なミスが。
だから、とても難しいことではありますが、日々の生活のなかで常に気を張っていること。初心を忘れないこと。慣れてきたころにまた意識を持ち直す。
言うのは簡単ですが、実際に行うのはとても難しいことです。


自分を好きになる

自分のことが嫌いな人。自分を売り込むのが下手な人に魅力があるでしょうか。本当に魅力的な人は自分のことが好きです。
自分の長所、セールスポイントを正しく理解しており、どこをしっかり人に売り込めば魅力を感じてもらえるのかをしっかりわかっている人です。そういった人は、求人情報に募集して面接の談になった時にもスムーズに面接官に自分を売り込むことができるので、採用をもらいやすいです。
自分に自信がある人は魅力的です。反対に自分が嫌いで、自分に卑屈な思いしか抱えていない人は心内にも外にも鬱屈な思いが発散されており魅力的には見えません。
鬱屈な精神を正しくコントロールして、解消することに勤めましょう。少しオカルトな響きを感じてしまいますが、これが真実です。嫌なこと、嫌な人からの嫌な言葉。すべてを前向きな感情へとコントロールするのです。

No Comments »

Comments are closed.